HOME>イチオシ情報>税金についての相談から依頼までを一任できる士業
電卓と書類

法人の税対策や相談役

大阪の税理士は、税務に関する専門家として、独立した公平な立場で、申告納税制度の理念に沿って納税義務のある者の信頼に応えます。租税に関する法令に規定された義務の適正な実現を図る、このことを意図する者を指します。税理士としての存在意義を高めるとともに、社会的信頼の向上にも繋がる使命感がこの士業の基盤です。一般の人(府民)との接点より、法人との接点が多い士業でもあるのは周知される情報でしょう。税に関する専門家で、顧問先の収益事業に携わるのならば、所得計算から申告の続きを担います。一般の人との接点があるのならば、不動産にまつわる相続税であったり、源泉所得税、印紙税から登録免許税などの業務です。ちなみに、この士業がメディアや社会面で話題を浴びるのは、横領事件であったり、高齢者支援ビジネスに巣くう人たちの裏の顔を民法を駆使して暴いているからでしょう。こうした管理、事業費用の負担からのトラブルを未然に防ぐことも行います。

様々な税に関与している

税理士という士業、一般社団法人・一般財団法人の制度に分けることができます。この2つは、行政の関与を受けない分、自己規律のための規定が必要であるのが特徴です。大阪の税理士は、法律で細かいところまで規定されている分、運営のやりやすさがあるといいます。営利法人の代表格である会社法、法人を所有する仕組みが全くありません。大阪にある会社には、法人を所有する仕組みが横溢していて、その仕組みを構成する株式や持ち分に関する規定、この多さが会社法の条文数に表れています。税理士は、独立型とグループ傘下型に分けることができます。公益社団法人、財団法人、宗教法人のみならず、最近では社会福祉から学校、人格のない社団などの税務や会計、加えて運営に関する実務に励むのが特徴です。

広告募集中